震災復興支援
お問い合わせ
 
CONTENTS
 

新機能型 篩機「PGS」- POWER GRIND SCREEN - (パワー グラインド スクリーン)

PGS
POWER GRIND SCREEN

基本構造

 回転方向の異なるローターと網目を持つシェルとの間に原料を投入し、解砕を行いながら、解砕翼(板羽)により強制的にシェルの外部に排出します。

PGSビジュアル

用途

 表土を掘削した土砂から、草、根、石の除去を行ないます。
 混合がれきから土砂を取り出します。

原理

 振動する篩に上部からゴムのヘラ(解砕翼)を使って圧力をかける事で解砕しながら強制的に篩目を通過させます。
 また、篩の構造で最も問題となる目詰まりは、作用する解砕翼の圧力により同時に除去が出来るため、メンテナンスが容易な構造となっています。

解砕工程 内部構造
<拡大図> 内部構造
   
解砕翼(板羽) メッシュ付シェル
解砕翼(板羽) メッシュ付シェル

 

基本仕様

基本仕様
<拡大図>
型式 第一分別 第二分別 第三分別
KA-1504005 150-40mm 40-5mm 5mm以下
KA-1002002 100-20mm 20-2mm 2mm以下
KB-15020 150-20mm 20mm以下
KB-10010 100-10mm 10mm以下

デモンストレーション

試験用のデモ機により原料の事前選別テストが行なえます。 デモ機

選別例1 選別例2
<拡大図> <拡大図>

 

紹介映像

 

img
 

PGSパンフレット(PDF 約5MB)

震災復興支援のトップページへ